• ホーム
  • 中古ドメインとは?その買い方と使い方

中古ドメインとは?その買い方と使い方

PCと地球のイラスト

もしこれからサイトを始めるのであれば、中古ドメインを取得して使った方が良いでしょう。
そもそもドメインとは「ネット上にあるウェブサイトの住所」の様な物です。
この文字列でこのサイトに行けると決まっているため、個人ブログでワードプレスを使いブログを行う人は個性的なドメインを取得しています。

実はこのドメインは全く新しい文字列で取得する場合と、既にどこかのウェブサイトで使われた古い文字列で取得する場合があります。
この「過去にどこかのウェブサイトで使われた古い文字列」が中古ドメインなのです。

この中古ドメインについては、利用目的は様々です。
購入方法は特に中古ドメインを取り扱う販売業者からインターネットを使って購入し、サーバーなどで設定します。
こうすることで、中古ドメインを利用できるようになるのです。
購入方法や利用方法はそれぞれのサーバーやサービスごとに違いますので、サービスの案内をチェックしてください。

さて、中古ドメインについてはメリットもデメリットもあります。
リスクも含めて案内しましょう。

中古ドメインの購入はギャンブル要素がある
まず、購入時はある程度ギャンブル要素があることを知っておきましょう。
というのも素敵な文字列のものはやはり高額ですし、価格はかなり吊り上がります。
また、それを購入したら必ず良いアクセスが稼げるとは限りません。
実は中にはその購入したドメインが悪いイメージで使われている場合もある様なのです。
このため、販売業者から購入する前にそのドメインがどのように使われていたか、使い方や利用目的を事前にチェックしておくとギャンブル性は下がります。

利用目的を明確にする必要がある
もうひとつのポイントとしては、利用目的を明確にしなくてはなりません。
中古のドメインは高額なものですし、今は需要が高いため相場も高く、価格も吊り上がっている傾向があります。
このため、販売業者から購入するときにはある程度利用目的を明確にしなくてはなりません。
物によっては100万円以上で取引されたケースもあります。
相場を気にしながら購入するのもポイントでしょう。

インデックス速度
最後に、そもそもどうして中古ドメインを買うかというと、インデックス速度の違いでしょう。
インデックス速度とは検索サイト、つまりGoogleなどに登録されるスピードのことです。
サイトを作ったから必ず登録される訳ではないのですが、この速度は古いドメインの方が早いとされているのです。

関連記事