• ホーム
  • ブログ運用でやってはいけないことは?

ブログ運用でやってはいけないことは?

ここまで、サイト制作やブログ運用の基本的なことについて紹介しました。
実はここまでの内容は運用を始める前には終わらせておきたいことで、ここからは運用をしていく上での注意点を紹介しましょう。

まず、最もやってはいけないのはコピーコンテンツです。
これはウェブサイトの情報を簡単にコピーできる現代だからこそ、内容を勝手にコピーして掲載するという問題です。
もちろん法で認める引用の範囲であれば構いませんが、それを超えたコピーをすると著作権法に引っかかりますので、注意しましょう。

コピーコンテンツはやられた時の対策も行う必要があります。
自分の著作権を守るためでもありますし、サイトの順位にも影響を及ぼします。
このため、定期的に自分のコピーサイトやコピーコンテンツがないかどうか、確認してみて下さい。

次に、個人情報の掲載です。
個人情報は今の時代、ある程度掲載するのは仕方のないことです。
とはいえ、ブログをやる場合は基本的に個人情報を掲載する必要はありません。
余計なトラブルに見舞われたり、ストーカーがついてしまうなどあまりいいことはないのです。

これは自分だけではなく、誰かの情報もそうです。
自分でいいと思って勝手に情報を掲載すると、犯罪になりかねません。
悪ふざけでこういうことをしても法律に触れますので、まず自分の情報も誰かの情報も掲載しない方がいいでしょう。

悪ふざけをしてSNSで炎上する人が後を絶ちません。
このため、コンテンツの内容も十分精査しましょう。
ウェブサイト内では良識と常識のあるコンテンツのみを掲載することが大事です。
犯罪行為や様々な悪ふざけは、SNSで炎上するだけではなく、問題を起こしかねません。
この点は注意しましょう。

最後にブログ内であればコメントのやり取りも楽しみのひとつです。
ですが、中には誹謗中傷を書き込む人もいます。
誹謗中傷については悪ふざけで描く人もいますから、放置するなりすぐに削除するなり、何らかの対応を決めておきましょう。
楽しみが少々減りますが、ブログではコメントを受け付けないようにするのも方法です。

他にも様々なデメリットややってはいけないマナーがあります。
ネットは世界に広がっているもので、広く世間様にお見せするものでもあります。
そういった意識を持っておくと、比較的炎上しにくいブログが運営できるのではないでしょうか。
色々と細かい点はありますが、放置せず一度ネットマナーを調べてみるのもいいでしょう。

関連記事