• ホーム
  • サーチコンソールってどうやって使う?

サーチコンソールってどうやって使う?

サイト運営を始める前にぜひ登録しておきたいのが、Googleサーチコンソールというものです。
これは何かというと、サイトの運営者は誰で、どういうサイトを作っていて、今サイトがどのようにグーグル内で評価されているのか、ということを表示したものです。
基本的にサイト運営者やウェブサービス運営者が利用することが多くなっています。

アカウントについては、基本的にグーグルアドセンスのために取得したアカウントを利用してかまいません。
同じアカウントはブログ用と決めておけば、比較的簡単に管理しやすいでしょう。
登録はGoogleサーチコンソールのページに行き、サービスの利用開始のボタンを押します。
そしてサイトのURLを登録すれば、数日中に情報が掲載されます。

情報が掲載される内容も様々です。
ひとつは、手動による対策でしょう。
これは貴方がサイトの価値を高めるためにほかのサイトからのリンクや何らかの内部処理を行ったかどうか、というのがポイントになります。
内部リンクやバックリンク数など、手動による対策はある程度必要なことですが、あまりにやりすぎるとペナルティが出ることがあります。

キーワードはどういう検索キーワードで閲覧者が来ているのか、ということを示します。
このため、このジャンルで興味がある人が多いと分かれば、そのキーワードを使った生地を重点的に上げることでサイトの掲載順位を上げる方法もあります。

もうひとつは、サイトマップ送信です。
これはサイト内にどういうページがあるか伝えるサイトマップを作ったときにサイトマップ送信するページです。

特にサイトを作ってすぐにサイトマップを作成し、ぜひ登録したいところでしょう。
これがあるとサイト内のページをより効率よくサーチコンソールに伝えることができます。
こうすると、クロールエラーを減らし、掲載順位やクリック数にプラスの影響を与えることができます。
ワードプレス上ではプラグインで作成できますので、サクッと作って登録してしまいましょう。

その他にも、内部リンクの有無やバックリンク数、CTRやリンク否認ツールの使用、クロールエラーの有無やクリック数など、色々な情報が分かります。
この情報の規模はとても大きく、ここだけで開設するのが難しいほどでしょう。
CTRやキーワードなど分からない言葉が出てきた場合、出来るだけ素早く調べて問題を解決しておきましょう。
また、リンク否認ツールなど比較的使いやすく、掲載順位に影響を与えるツールも多くあります。
活用してみてください。

関連記事