• ホーム
  • アナリティクスはどうやって使ったらいい?

アナリティクスはどうやって使ったらいい?

Googleサーチコンソールと同じく、ぜひ登録しておきたいのがアナリティクスです。
これは正式名称をグーグルアナリティクスといい、かなりサーチコンソールと被る部分が多くなっています。
こちらも出来るだけ早く登録しておいた方がいいでしょう。

具体的にどういう物かというと、こちらもGoogle上での検索順位をチェックする物です。
とはいえ、サーチコンソールはサイト管理者や運営者向けなのに対して、こちらは検索キーワードを中心とした様々な情報が得られます。
例えばページビューではそのページがどのくらい見られたか、という回数が出てきます。
ページビューが多いページほど、検索結果で表示されやすいページとされてます。

また、デバイスも大事なポイントでしょう。
デバイスとは、具体的にいえば「何の道具でそのサイトを見ているのか」というものです。
今の時代はスマートフォンからのアクセスが多いのですが、パソコンやタブレットからのアクセスもあるでしょう。
それ以外の端末からのアクセスがあった場合も解析できます。

そのほか、ユーザーがどのページを見て離脱したのか、というような事も分かります。
これはサイト内の欠点や改善点を分かり、離脱率を下げてより見やすく使いやすいサイトにするのに向いています。

また、トラフィックチャネルというのも大事です。
これは見ている人の中でも、特にどういう人が見ているのか、またどういう動きがあるのか、という様なことを観察できます。
特定の分野の人だけ抽出して毎日の動向をチェックしたり、特定のキーワードの人だけを集めてユーザーの動きを確認できたりします。
トラフィックチャネルは少々難しい機能ですが、特定の状況下を想定して抽出できるなど、複雑でユニークな使い方ができます。
ぜひ使いこなしてみてください。

そのほかにも、サイトの改善点を改善してみてどうだったのか、というような比較もできます。
かなり長い事サイトの動向をチェックできますので、改善する前と比べて離脱率や同行はどうなっているのか、ということを確認できるでしょう。

そのほかにも、サイトの観察や客観的な視点を見るのに向いています。
毎日サイトがどのように育っていくのかチェックしたい人や、定期的にサイトに手を加える人の方が見ていて楽しいのではないでしょうか。
一般的には誰でも使えるサイトになっています。
ただ、少々専門用語が多いので、いろいろ手を加えながら調整してみるといいでしょう。

関連記事